本文へスキップ

愛育ベビーはベビー用品専門のレンタルと販売のお店。初めての育児を応援します。

電話でのお問い合わせは048-469-2221

メールでのお問い合わせはこちら

レンタル ベビーベッド選び方のヒントHow to choice

レンタルベビーベッド、東京、横浜、さいたま市、愛育ベビー

ベビーベッド選びのファーストステップ!サイズを説明します。

ベビーベッドのサイズは、内寸=床板の大きさ、つまり、中に入れられる敷ふとんのサイズで分けています。

敷ふとんとベビーベッドは、サイズがきちんと合うようにしないと、使えなかったり、危険なこともあります。
ベビー敷ふとんは、固綿が主流ですので、ベッドのサイズが小さいと入りません。
サイズが大きいと、隙間が空いて、赤ちゃんが落ち込んでしまい身動きができなくなり、呼吸などができず危険なことがあります。

標準サイズのベビーベッドは、内寸つまり床板の大きさが120×70cmです。

一般的なベビー組布団セットをお買いになると、このサイズの敷ふとんが2折りになって入っていると思います。

ベビーコットは、ハーフサイズです。内寸つまり床板の大きさが60×70cmです。

      

ベビーコットは、一般的なベビー用敷ふとんを半分に折るとちょうどいい大きさです。3カ月未満の短いご使用で、小さめの物をご希望の方にピッタリです。

ミニサイズ(コンパクトサイズ)は内寸つまり床板の大きさが90×60cmです。

ミニサイズベビー組布団セットをお買いになると、このサイズの敷ふとんが入っていると思います。

Mサイズのベビーベッドは、内寸つまり床板の大きさが110×65cmです。

一般的なベビー敷ふとんより一回り小さいので、スプリングマットのご利用が必須です。
マットの上にキルティングパッドを、その上にシーツを敷いてご利用ください。

Sサイズのベビーベッドは、内寸つまり床板の大きさが100×60cmです。

一般的なベビー敷ふとんより小さいので、スプリングマットのご利用が必須です。
マットの上にキルティングパッドを、その上にシーツを敷いてご利用ください。


2ndステップ ベビーベッドは、2種類あります。ベッド専用型とサークル兼用型です。

安全基準上の区分で、柵の深さでが基準です。

ベッド専用型は、床板の上面から上さんまでの高さが、60cm以上。
サークル兼用は、35cm以上です。高さを深さと読み替えるとわかりやすいと思います。
ベビーベッドの全高の違いを見て下さい。左がベッド専用型、右がサークル兼用型です。
画像の左右のベッドは広さはほぼ変わりません。
左がベッド専用型床板の位置40cmです。全高は105.5cm 深さは61cmです。
右側サークル兼用型床板の位置47cmです、全高は89cm 深さは38.5cmです。
先ほどの柵、いわゆる扉のサイズ:高さは、左のベッド専用型が60cm以上で、
右のサークル兼用型は35cm以上が基準です。

使いかっての違いは。

下の写真はベッド専用型ベビーベッドの床板を上の位置にセットしたものです。
使い分けとしては、1歳過ぎまでベビーベッドを使うとすると、つかまり立ちしても使えるベッド専用型。
つかまり立ちができるようになる生後5カ月以上までは、床板を高い位置でお使いもいただけます。
このの商品ですと床から66.5cmの高さです。
ベッド専用型の床板の位置を上にセットしたものです。
サークル兼用型ベビーベッドは、全高が低いので、お部屋に置いたときに圧迫感が少なく、おふとんをご使用の場合などの親和性が高いと思われます。
また、お母様のベッドの脇に置くと、赤ちゃんの寝ている位置とお母様の寝ている位置がほぼ同じで、様子がよく見えます。
サークル兼用型は、赤ちゃんがつかまり立ちするようになりましたら床板を外してサークルとしてご使用いただきます。 見た目の区別としては、4方の柵が床まであるのがサークル兼用型です。
サークル兼用型は、床板を外した時にサークルとして使えるように、柵が下まであります。



次ページは、ベビーベッド使用上の注意についてです。 レンタルベビーベッド一覧へ戻る


このページの先頭へ
表示の料金は全て税別です。消費税を別途承ります。

ご注文フォーム

電話でのお問い合わせ・ご注文は048-469-2221

メールでのお問い合わせはこちら